So-net無料ブログ作成

ガンダムのDVDが・・・ [TV]

なんで見つけてしまったんだろう・・・ガンダムのDVD、ビックカメラでは予約が終わったのであきらめていたのですが、アマゾンではまだ予約出来ちゃうんですね。せっかくあきらめがついたところだったのに、また迷いが・・・。



いや~、オタクといわれてしまうかもしれませんが、初代ガンダムには何となく思い入れがあるのです。昔、夕方に何度もやっていた再放送で時々みているうちに気になって。映画は見に行かなかったけど、TVで放送したときはしっかりビデオにとっておきました。



たぶん一回みれば満足すると思うので、セットで買うほどじゃないかな~、でももう手に入らないかも、とお財布を見つめながら脳内会議しています。



機動戦士ガンダムDVD-BOX 1 特典フィギュア付(完全初回限定生産)



でも実は本当にはまったアニメってエルガイムだったのよね、まさかこれは無いわよね~と探してみたら、こっちも発売されてました。

重戦機エルガイム メモリアルボックス1



嬉しいけど、悲しい、複雑な気持ち、どうしよう・・・。もうお金もDVDを置く場所もありません・・・。

おすすめ海外ドラマ(DVD編) [TV]

現在ではDVDでしか見られないものでオススメなのが「となりのサインフェルド」というシットコムです。

サインフェルドというのは人の名前で、ジェリー・サインフェルドという俳優さんが本人名で主演しています。この番組はアメリカでは定番ともいえるくらい人気があって、放送が終わって何年もたつのに今でも毎日、どこかしらで再放送されている超人気番組です。スミソニアン博物館にも現代TV史の一例として、この番組で使われたシャツが展示されているほどです。(その隣にあるのがオズの魔法使いの赤い靴です)



サインフェルドはコメディアンの役で、毎回話の最初にその日のストーリーにちなんだネタを話すステージのシーンから始まります。ストーリーはサインフェルドとその元彼女エレイン、友人のジョージ、サインフェルドの向かいの部屋に住む変わり者のクレイマーの4人の日常を面白おかしく描いたものです。「フレンズ」などに比べると目で見て笑えるドリフ的な笑いではなく、アメリカンジョークが多いので、日本でのウケはいまひとつかな~?と思うのですが、逆にアメリカンジョークを含めた英語の勉強にはもってこいかも。



・・・という訳で、今発売になっているDVDシリーズ(第4シーズンまで、全3セット)は買ってしまいました。人気があるのでもったいぶっているのか、アメリカでもまだ第6シーズンくらいまでしか発売になっていないので仕方がないかも(放送は第9シーズンまで)。でも早く全部発売して欲しい!

となりのサインフェルド DVD-BOX 1



そしてこちらも現在は放送が終わっていますが根強い人気がある「フレイジャー」。

ちょっとクセのある医者のフレイジャーが、同じくクセモノの家族たちと繰り広げるシットコムで、サインフェルドと同じく会話で笑わせるコメディです。アメリカにいたころは深夜に再放送されていて、時々見ていましたが、英語が難しくて英語字幕を見ながらでも話を追えず・・・。でも言い回しとか、会話の切り返しで笑いが起きていたのでこれを理解できれば楽しいだろうな~と。日本でもDVDが発売になっていたことにビックリした作品です。

フレイジャー シーズン1 コンプリートDVD-BOX



現在放送もしていますが、「24」のお買い得セットが売っていました。第1~3シーズンがコンパクトにまとまって、コレクターズボックス3つ分の半分くらいの値段になっているみたいです。これ、前にビックカメラで見つけて悩んでいるうちに売り切れてしまったもので、今見つけて再度悩み中です。これまで買ってしまったら、DVD貧乏になってしまいそう!

24 -TWENTY FOUR- トリロジーBOX (初回限定生産)



輸入版でしか手に入らないのが残念なのが「Drew Carey Show」。オハイオの会社が舞台で、Drewというちょっと小太りメガネの男性が主役のシットコムです。こちらは魔女のような、わかりやすい悪人メイクをした意地悪な女性社員が出てきたり、さえないはずのDrewがなぜかモテモテになったり、と見た目で笑いやすい番組です。

日本ではDVDが一枚しか手に入らないらしく、しかも安いのでリージョンフリーのプレイヤーをお持ちの方はチェックしてみてください。

Drew Carey: TV Favorites Compilation 



上記の作品は「24」以外はレンタルで探すのが難しいかもしれませんが、もし見つけたらチェックしてみてくださいね!上の中でのイチオシはサインフェルドです!

おすすめ海外番組 [TV]

さっそく「デスパレートな妻たち」の集中放送にどっぷり浸かっております。やっぱり面白いですね。「24」のように視聴者の方が死にそうなくらいハラハラするものも面白いですが、こういう正統派のドラマもいいですね。特にこの「デスパレートな妻たち」はご近所の秘密をちょっと覗いているような面白さと、ミステリーの要素、そして何よりおしゃれな住宅街の住民たちのおしゃれな生活ぶりが魅力的です。ただ日本語版だとスーザンの声がちょっと残念。アニメもそうですけど、吹き替えは声優さんのほうが安心してみられていいような気がしますね。



他の海外ドラマで、私がオススメなのが「ボーンズ」です。

ボーンズとはその名の通り、骨。遺体としてでてきた骨を法医学者が死因などの謎を解いていくというドラマです。骨からこんなことがわかるのか~という面白さもありますが、舞台がDCということがお気に入りの理由かも。知っている地名がでてきたり、見覚えのある場所が出てくると単純に嬉しくなってしまいます。

この「ボーンズ」は去年、私がアメリカにいるときに放送されていたのにそのときはあまり興味を持てなくて全く見ていなかったのです。もったいないことをしました。特にDCに興味のある方にオススメのドラマです。

詳細はこちら



同じく去年放送していたドラマで、今放送中なのが「ハウス」。

これは医療ドラマです。ERのように緊迫感のあるドラマではなく、毎回珍しい症例の患者さんを変人医者のドクター・ハウスのグループが原因を突き詰めていく話です。確かドクター・ハウス役の俳優さんはこの演技で何かの賞をとったはず。確かにその変人ぶりは見事です。

ただ、「ボーンズ」もそうなのですが、話を面白くするためにわかりやすすぎる人間ドラマがちょっと胡散臭くて、そこが私にはマイナス。

オフィシャルサイトはこちら



ドラマではありませんが、「クイア・アイ」という番組もオススメ。

これはゲイの男性5人組が、一人の男性を改造するという番組です。改造される男性はたいてい頭ボサボサ、服も伸び切ったTシャツなどを着ている、いわゆるダサい男性で、本人やその周りの人から依頼を受けて5人組が彼を改造します。改造もファッションだけでなく、家の内装から身のこなし、最後は料理まで教えられ、すっかり洗練された雰囲気に変わっていく様子は見事です。

5人のなかには全くゲイには見えない人もいますが、仕草などが「いかにも」な人もいて、そのリアクションとかも面白いのです。日本語訳も「アタシ」になっていたり。

詳しくはこちら



バラエティでは「マッドTV」は毎回笑えます。アメリカで現在はたぶん第10シーズンくらいに入っている番組です。かなりブラックジョークがきついので抗議がないか心配になってしまうくらいです。残念がら古いシーズンを何度も再放送しているようなので新しいシーズンも放送して欲しいところです。私のお気に入りのキャラクターはオバカな子供の「スチュワート」とアクセントの強い英語で周りをかく乱する「ミス・スワン」。アメリカでの裏番組はこれまた長寿番組の「サタデーナイトライブ」です。

マッドTV



そしてやっぱり「フレンズ」「ダーマ&グレッグ」ははずせません。「フレンズ」は一時放送がなかったのですが、今月から復活してくれて嬉しいです。悩んだ末、DVDも予約してしまいました!



ドラマではありませんがマーサ・スチュワートの「マーサ・スチュワート・リビング」と「マーサ」は大好きです。「マーサ」のほうはアメリカでは去年の今頃から始まった番組で、毎日放送しています。豪華なゲストも見所の一つ。そしてマーサお得意の料理も、アメリカらしいものが多くて楽しめます。

マーサ・スチュワート・リビング

マーサ



以上は全てFOXチャンネルやLaLaTVなのでスカパーやケーブルテレビでないと見られません。地上デジタルなどでもっと海外の番組を放送してほしいですね。

今やっているものではBSで「アイ・ラブ・ルーシー」が放送中のようです。今日は見逃してしまいましたが、木曜深夜、デスパレートな妻たちの前に放送中です。これは笑い声の入ったシットコムというコメディドラマの形式のさきがけになった古いドラマですが、今見ても新鮮で面白いです。今のドラマより英語をゆっくりしゃべっているので、英語の勉強にもよさそう。実際に英語学校の教材で使われたこともありました。



そして「奥様は魔女」もBSで始まるようで、こちらも楽しみ!



BSの番組情報はこちらで。



もうすぐ始まるもので期待しているのは「HUFF」というドラマで、こちらは精神科医の話だそうです。この番組に出ているブライス・タナーという女優さんはあのグウィネス・パルトロウのお母さんだそうで、この演技で先週のエミー賞をとりました。来週から始まるそうなので、楽しみです。

HUFF



ほかにもオススメはいっぱいありますが、とりあえず今回はこの辺で!海外ドラマに興味のある方はこれから見る番組選びの参考にしてみてください!

デスパレートな妻たち(とフレンズ)が!! [TV]

なかなか続きを放送してくれないので心配していた「デスパレートな妻たち」の第2シーズンが放送決定だそうです!!う、うれしい・・・。



私がアメリカに行ったときには第1シーズンが終わりかけで、最終話しかみられませんでした。その前の話を観ていなかったのでブリーはもしや怖い人なのかもしれないと勘違いをしていたのですが、第2シーズンでそれは間違いだったとわかりました(ある意味怖い人ではありますね)。



第2シーズンは謎や事件がたっぷり盛り込まれていて見ごたえがあります。続きが気になりつつも放送日が日曜日だったので予定が入っていて、見逃してしまったことも何度かありました。それに終わり近くなったころに帰国してしまったのでもう続きが気になって気になって仕方がなかったので、日本でちゃんと見られるなんてすごく嬉しい!



これに先かげて第1シーズンの集中放送も決まったようです。でも私は既に第1シーズンのDVDボックスを予約済み。まだ見ていないDVDがたくさんあるというのに。でも早く来ないかな~!

DVDボックスの詳細はこちらです。

デスパレートな妻たち シーズン1 DVD Complete Box



「デスパレートな妻たち」のオフィシャルページはこちらです。

集中放送スケジュールも出ています。

第2シーズン放送予定はこちらです。



ちなみにフレンズにも待望の10シーズンまとめたセットが発売になるそうです。アマゾン限定のものみたいで、全シーズンのDVDがセットで、半額!これも見逃せません。いくら半額といっても6万円を超えているのはちょっと高い・・・。ガンダムのDVDセットも欲しいのに、どうしよう。

フレンズのDVDセットはこちらです。

フレンズ 1st-10th コンプリートセット (Amazon.co.jp仕様)



アメリカン・アイドル [TV]

アメリカでもっとも人気のある番組といってもいい、「アメリカン・アイドル」。今シーズンから日本でも観ることが出来て嬉しい限りです。



日本ではフォックス・チャンネルというCS放送でしかみることができないので、帰国してすぐにCSと契約、アメリカにいたときの続きの感覚でみることができました。

日本はアメリカの1週遅れでの放送なので、本家のサイトを見てしまうと放送前に結果を知ることが出来てしまいます。楽しみが半減する分、誰が落ちるのかドキドキしないて済むので、つい毎週チェックしてしまいます。



昨日の放送(日本)では、とうとう候補者が2人に絞られました。この2人は私が応援していて、最後に二人残るといいなと思っていた候補者だったので、予想が当たった嬉しさと残ってくれた安心感でほっとしました。



***以下はネタバレが少し含まれるので、結果を知りたくない方はご注意ください。コメントをつける場合も内容が見えてしまうようです**

続きを読む


プリズン・ブレイク [TV]

アメリカにいた頃みていた番組が早くも日本で発売してくれて嬉しいです!



この「プリズン・ブレイク」は結構はまっていました。簡単に内容をお話しすると、要するに脱獄ものです。でもそのキッカケや手口がものすごくて、思わず見入ってしまいました。その最大のポイントが明かされる第一回のインパクトが本当にすごくて、途中でちょっとダレてきたかも?というところもありましたけど、私はオススメです。

なんと嬉しいことにDVDのセットが発売になるとか。思ったより安いので(アマゾンでみたら8000円以下!)予約しようと思います。3月の下旬に第2シーズンが始まったので、いいところで見られなくなってしまったので続きが気になっていたのです。ぜひこのまま第2シーズンも発売してほしいです。



プリズン・ブレイク コレクターズ BOX1



*上記のリンクはアマゾンへのアフィリエイトリンクです。商品情報にリンクしています。クリックしただけでは購入になりませんのでご安心ください*



ちょっとだけネタバレは、下の続きで。

続きを読む


スーパーボール [TV]

3534b8f8.jpg2月5日はスーパーボールの日でした。

といっても実はアメフトなんてルールも知らないし、あまり興味がなかったのですが、アパートではみんなでアメフト観戦するイベントはあるし、テレビでは昼間から特番が流れているし、ここまで盛り上がっているならとりあえず一緒に盛り上がってみようとニセアメフトファンになることにしました。



とりあえずアパートのイベント会場へ。

DC近郊のアパートはかなり大型のものが多く、たいていのアパートには大型モニターやバースペース、ビリヤード台などがついたパーティールームがあります。アパートのイベントはここで行われることが多いです。開始から1時間くらいしてから行ったので、部屋いっぱいに人がいて騒いでいるのかとおもいきや、設置してあるイスに座れるくらいの人数で割と静かに観戦していました。イスに座れなかった人は自分の部屋で見ることにして戻ってしまったみたいです。シュリンプカクテルやラップロールなど、パーティ用の簡単なおつまみとドリンクがあり、各自でお皿に盛って好き好きにテレビに見入っていました。温めるのに時間がかかるフライドチキンが登場するとおつまみスペースに一斉に人が集まってびっくり!

肝心の試合はやっぱりルールがよくわかりませんでしたいいプレーが出たりするとみんなでウォーと声を上げたり拍手がでたり、雰囲気は楽しめました。CMでも大笑いしながら見ているのがアメリカ流かも?



その後は私も部屋に帰って観戦することにしました。

楽しみにしていたのはハーフタイムショーです。今年はなんとローリング・ストーンズでした!演奏はたしか3曲ほどでしたが、このために特設のステージが作られていました。

2年ほど前はジャネット・ジャクソンがこのハーフタイムショーでアクシデントを起こしてしまいましたが、これだけ全米で注目を集めているところでのアクシデントなら話題になっても仕方がないかもしれません。



結局ニセファンにはなりきれないうちにスーパーボールは終わってしまいました。

イベント会場から部屋に帰る前に外にでて買い物をしたのですが、気のせいかいつもより人が少ないような気がしました。もしかしたらほとんどの人は家で試合を見ていたのかもしれません。



写真はイベント会場にあったペプシの缶です。よくみると日付などが書かれています。どうやら今年の、この一日のために作られた特別デザインの缶だったみたいです。



2005/02/07 05:22

Desperate Housewives [TV]

日本でも「デスパレートな妻たち」という名前で放送しているこの番組は今第2シーズンが放送中です。



この番組を初めてちゃんとみたのが第1シーズンの最終回でした。

その後続きが気になり、第2シーズンに入ってからちゃんと見るようになり・・・はまりました。



まずメインキャラクターの4人がそれぞれ個性があって魅力的。勝手なことをしていたりわがままをしていても、どこか憎めない妻たちが素敵です。

私のお気に入りはマーシャ・クロス演じるブリーです。日ごろから家事・身だしなみには一切手を抜かず、隙のない完璧な妻です。友人たちからの信頼も厚い様子。ゲストのおもてなしも完璧・・・なのですが、突然キレてぶっとんだ行動をするところが面白くて目が離せないキャラクターです。第1シーズンの最終回では「もしかしてものすごく怖い人なのでは?」と思ってしまったのですが、その誤解は第2シーズンを見ていくうちに解けました。でもかなり怖い一面もあるのも事実で、そのギャップがまた面白いところです。



第2シーズンでは近所にいかにも訳あり風の怪しい一家が引っ越してきたり、相変わらず目が離せません。ネタバレになってしまうので詳しく書くのはやめておきます。

とりあえず日本に戻った後も見ることができそうなので一安心。DVDも発売してほしいです。



公式サイトはこちらで

http://abc.go.com/primetime/desperate/



日本のサイトはこちらです。

http://www3.nhk.or.jp/kaigai/dh/



2006/01/31 23:38

料理番組 [TV]

料理はあまり好きではないのですが食べることは好きなので、見る番組がないときはよく料理専門チャンネルをつけています。



日本の料理番組では、最初と最後に材料と分量をきちんと表のようにして見せてくれて、先生の側でアシスタントが「ここで砂糖をおおさじ1杯です」と入れるタイミングなどをわかりやすく説明していますよね。



でもアメリカではスタイルが全く違います。基本的にアシスタントなしで料理研究家本人が一人でずっとしゃべりながら作ります。エプロンは誰も着ていません。材料の説明もほとんどなし、作業中に冷蔵庫に行って「あとニンジンとベーコンがいるのよね~」としゃべりながらどんどん材料を追加、「塩少々」といいながら結構どっさりと入れていたりするので番組だけを見ていても簡単には作れない感じです。

その中で私のお気に入りの番組をいくつかご紹介します


続きを読む


Will & Grace [TV]

日本でも放送している「ウィル&グレース」、こちらでは現在最終シリーズである第9シーズンが放送中です。



この番組はアメリカでよくあるパターンのシットコムと呼ばれる、観客の笑い声が一緒に収録されたドラマです。「フレンズ」や「フルハウス」、古くは「奥様は魔女」のようなタイプの番組です。収録のときにはスタジオに観客が入り、目の前で大笑いしながら収録が進むはずです。

なぜこんなことを事細かに説明しているかというと、この「ウィル&グレース」はなんとそれを生放送でやってしまったのです。これはちょっと、すごいと思いませんか?第9シーズンまで続く人気番組なら視聴率も相当高いはず、それを生放送で演じてしまうなんて!



この生放送はこのシーズンの初回と、そのほかにもう一度、計2回ありました。

いつもは収録済みなのでクローズドキャプションがセリフと同時に表示されるので英語が苦手な私でも理解しやすいのですが、ライブではさすがにキャプションが追いついていませんでした。

でも見ている間は内容より何か起こるかも?という期待感の方が強くて、ハラハラしながら見てしまいました。先日の生放送ではまるでドリフのようなドタバタシーンもありました。怒るシーンなのに明らかに笑いをこらえているのがわかるシーンもあったりして、いつもとはかなり違った楽しみ方ができました。

それでもすぐに元通りの顔になり、演技を続けられるのはさすがでした。



下の公式サイトではその生放送の様子も少し見ることができます。

体当たりのドタバタシーンをぜひ見てみてください!

http://www.nbc.com/Will_&_Grace/



2005/01/25 22:52
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。